社長メッセージ

社長の画像

私はCSRとは経営理念の具現化であり、事業基盤そのものであると考えています。「訪れる人々を楽しませ、テナントを成功に導く、先見的、独創的、かつホスピタリティあふれる商業空間の創造」。この経営理念を、事業を通じて、ステークホルダーのご信頼とご満足をいただきながら実現することが、パルコグループのCSRです。ここで言う先見的、独創的な事業活動とは、パルコグループの社会的役割である「インキュベーション」「街づくり」「情報発信」という3つの「原点=パルコらしさ」を時代の変化を捉えながら「進化」させることです。

そのためにはパルコグループ全社員が常に新しい発想を持って事業に取り組まなくてはなりません。社員の個性を最大限に引き出し、水平コミュニケーションを通じ、多様な人材が、多様な働き方を通して、新しい発想を次々と生み出す企業風土を創るため、2014年度より私がダイバーシティ推進委員会の委員長となり、スピード感を持って推進しています。ワークライフマネジメントの社内浸透にむけては、休暇取得促進策の実施とともに時間制約のある社員が働きやすい環境の整備を進めています。また、女性の活躍を推進するためにキャリア意識の向上のための外部研修への参加や、社内研修の充実を図っています。

持続的な企業価値向上においては、コーポレート・ガバナンスの強化が重要であると考えています。2016年に「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を定めました。この基本方針は、経営理念に基づき、お客さまやテナント、株主/投資家などのステークホルダーに満足していただける価値を創造し提供していくことで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現するために、最良となる当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を定めたものです。また、2015年の「コーポレートガバナンス・コード」にも対応し、取り組みを進めることで持続的な企業価値の向上を目指していきます。

これからも、生活者の方々の想いを汲み取り、お応えするために、パルコグループは、2020年に向けた長期ビジョン【都市マーケットで活躍する企業集団】として、「生活者の方々に心の豊かさをご提供する」という強い意志を持ち、グループ一丸となって、ステークホルダーの皆さまと一緒に時代を切り拓いていきたいと考えています。

株式会社パルコ

代表執行役社長

牧山浩之

ページトップへ