ニュースリリース

平成29年度組織改訂および人事異動について

2017年2月15日

株式会社パルコ

 

当社は、2017年度の組織体制および人事について、以下のとおり決定し、3月1日から運営を行ないますのでお知らせいたします。


1.組織改訂の趣旨

現行中期経営計画期間の2014年度から2016年度においては、2020年に向けた長期ビジョン「都市マーケットで活躍する企業集団~都市の24時間をデザインするパイオニア集団、都市の成熟をクリエイトする刺激創造集団」の実現に向けて①店舗事業の優位性拡大、②都心型基幹店舗周辺および未出店政令指定都市を中心とした開発推進、③関連事業拡大と新規事業創造、④海外事業の再構築、⑤事業推進のための経営基盤強化の5つの戦術を推進しました。
この期間に基幹店舗周辺開発として、PARCO 店舗では福岡 PARCO 新館および本館増床部、名古屋 PARCO midi、仙台 PARCO2を、ゼロゲート事業では名古屋 ZERO GATE、札幌 ZERO GATE、広島 ZERO GATE2を開業させ、都市部における管理床面積の拡大と新たな提案を実現するとともに、渋谷 PARCO の建替えのための一時休業や千葉 PARCO および大津 PARCO の営業終了を決定し、事業の選択と集中を推進しました。
また、環境変化への対応と顧客サービスの充実として当社独自のICTを活用した「カエルパルコ」、「POCKET PARCO(ポケットパルコ)」によるサービスを開始したことで差異化を図ることができ、関連事業においても外部への拡大等の成長基盤が構築できました。
2017年度は、J.フロント リテイリンググループのビジョン『くらしの「あたらしい幸せ」を発明する。』のもと当社グループの長期ビジョン達成に向け、人口・経済の集中・発展が継続する都市マーケットを中心とし、都市生活の満足度を充足させたい消費者・事業者に対し、「刺激」「心の豊かさ」「充足感」「新しいライフスタイル」等、独自の価値を提供してまいります。
また、新生渋谷パルコ創造の過程で生まれる新たな発想、事業推進のエネルギーを各事業に波及させ、当社グループの成長を促し事業ポートフォリオの変革を実現させてまいります。
それに向けて、組織改訂および人材配置を実施いたします。


2.主な改訂点
現行の店舗統括部 門、事業戦略部門、不動産戦略部門を、パルコ店舗部門、新規プランニング部門、商業プロデュース部門、関連事業部門、不動産部門に再編するとともに、当社グループのICT戦略を包括的に統括するグループICT戦略室を設置します。
パルコ店舗部門は、従来、店舗サポート機能別の組織としていたものを都心型店舗グループ、コミュニティ型店舗グループの類型別に集約し、収益力強化、オペレーション改革の迅速な業務推進を図ります。
新規プランニング部門は、渋谷プロジェクト、松坂屋上野店・新南館内の新店業務対応とパルコ店舗部門のサポ ート機能としてMD(マーチャンダイジング)開発、新規事業プランニング(既存の商品事業、クラウドファンディング事業、飲食事業を含む)を担当します。
商業プロデュース部門は、既存のゼロゲート事業に加えて、都心型新業態の戦略立案および開発、JV推進を担当します。


(1)グループICT戦略室
各事業のオムニチャネル化、ICTを活用したビジネスマネジメント改革の推進、進化するテクノロジーの研究と導入支援等、当社グループ全体のICT戦略を統括し、グループ内の資源を有機的に活用するために、従来のIT推進室とWEBマーケティング部を統合し「グループICT戦略室」を新設します。


(2)パルコ店舗部門
都心型店舗とコミュニティ型店舗を、さらに店舗特性に応じた運営体制へ移行するとともに、本部のサポート体制をより明確化することで、収益力の向上およびオペレーションの効率化を図る。そのため、従来の店舗統括部門を「都心型店舗グループ本部」「コミュニティ型店舗グループ本部」「店舗統括部」の3部に再編します。


①都心型店舗グループ本部
都心型店舗は、各店舗主体で政策を立案し迅速な業務推進を図るとともに、本部に集約される情報やコンテンツを店舗に組み入れ、店舗トータルの収益を最大化するため、都心型店舗グループ内に「政策担当」、「MD担当」、「マーケティング担当」を設置します。


②コミュニティ型店舗グループ本部
各店舗のテナントリーシング、催事運用、プロモーション、営業企画等を一元的に担当することで、店舗オペレーション業務改革を進め、各店舗が現場業務に集中できる体制を強化します。

③店舗統括部
都心型店舗、コミュニティ型店舗共通の店舗管理、ストアデザイン、CS業務、テナントサービス等を担当するため、店舗統括部内に「店舗運営担当」、「ストアデザイン担当」、「環境店舗管理担当」を設置します。


(3)新規プランニング部門
現行の店舗統括部門より「渋谷プロジェクト」、「上野新南館準備室」、事業戦略部門より「新規プランニング部」を移管し3部体制で構成し、事業拡大を図ります。またWebアクロス業務を従来のストアプランニング部より移管します。


①渋谷プロジェクト
新生渋谷 PARCO 構築に向けての新規テナント企業開発、商業空間提案、エンタテインメントの刷新、ICT装置の付加等をするとともに、それを通じて創造される新たな発想やスタイル提案を店舗事業に組み入れます。


②上野新南館準備室
上野新南館準備室は百貨店、シネマコンプレックス、オフィスからなる複合施設の中での専門店編集と空間提案による新業態確立を推進します。


③新規プランニング部
事業戦略部門にあった飲食事業部と新規プランニング部を改組し、新たに新規プランニング部として「自主商品事業担当」、「クラウドファンディング事業担当」、「飲食事業担当」の3担当を設置します。


(4)商業プロデュース部門
ゼロゲート事業で培った不動産事業領域での収益拡大に向け、新業態開発機能を強化するために、パルコ店舗以外の不動産開発、ソリューションを推進する「事業開発部」を新設するとともに、従来不動産戦略部門に位置づけていた「ゼロゲート事業部」を編入します。


(5)関連事業部門
事業戦略部門にあった飲食事業部、新規プランニング部を新規プランニング部門へ移管し、「エンタテインメント事業部」、「海外事業部」、「関連事業部」の3部体制にし、関連事業部門に改称します。

 

 

執行役、店長、部長、室長人事、2017年度組織図 については、PDFをご参照ください。

ページトップへ