Mama mikke column

今日、何をしよう?

Vol.5 / 小川夢乃さん

手持ちのアイテムをフォーマルに着こなす
"私らしいコーディネート"で春を迎えよう

各ジャンルで活躍しているママパパ・クリエイターの皆さんに、子どもと一緒に楽しめる暮らしのアイデアを教えてもらう「今日、何をしよう?」。
第4回は、3月、4月とフォーマルなイベントが続くこの時期にあわせて、スタイリストの小川夢乃さんに卒園・入学式のコーディネートを提案してもらいました。今回、小川さんが意識したのは「フォーマルの場に合わせて新しいものを買うよりは、今持っている服をどう工夫するか」ということ。手持ちのアイテムを上手に活かした私らしいコーディネートで、子どもの成長を見届けませんか?
小川夢乃

2010年よりスタイリスト椎名直子氏に師事し、2012年独立。ファッション誌を中心に雑誌、カタログ、広告、タレントのスタイリングを手がける。

1着購入するなら、軽めのジャケットを。
小物で盛り上げるクラシカルスタイル

まずブルーのジャケットを中心にコーディネートを組もうと決めました。スエード素材のノーカラージャケットは普段のコーディネートにも使いやすく、「買ったきり」になりにくいはず。このジャケットに白いスニーカーを履いて、カゴバッグを持てば普段スタイルの完成です。

clothes

【卒園式】ジャケット¥36,000/アダム エ ロペ、ワンピース¥58,000/ナンバー シックス、ネックレス¥26,000/ミーガン パーク、ブレスレット¥16,000/ドミニク ドゥナイブ、バッグ¥55,000/ヴァジック、パンプス¥76,000/クロエ(以上アダム エ ロペ)、ベルト/スタイリスト私物

卒園式では色を抑えたいので、中にネイビーのワンピースを合わせます。ジャケットのブルーがはっきりとしている分、インナーはドットやチェック、ストライプなどクラシカルな柄の方がよくなじみます。小物は思いっきり女性らしく。バッグはハンドバッグ、シューズはパンプスなどヒールのあるものがおすすめです。今回は赤のパンプスをチョイスしましたが、黒やシルバーでも。

clothes

【入学式】ジャケット¥36,000、スカート¥15,000、スカーフ¥6,000、ゴールドバングル¥4,000、シルバーバングル¥4,800/以上アダム エ ロペ、ブラウス¥12,000/アッサンブラージュ アダム エ ロペ、ネックレス¥74,000/ザ シングス ウィ キープ、バッグ¥55,000/ヴァジック、サンダル¥79,000/ミシェル ヴィヴィアン(以上アダム エ ロペ)、ソックス/スタイリスト私物

春らしくペールトーンのスカートを合わせました。トップスにも同じくペールトーンのブラウスを。ボウタイブラウスなどとろみのある素材を選ぶことで全身がまとまります。オープントゥのサンダルは素足で履かずに、薄めのストッキングやタイツを。軽やかな印象に仕上げるために、くれぐれも高デニールのタイプやリブタイツは合わせないでくださいね。

自分らしいアイテムを1点投入
フォーマルに仕上げる鍵は素材と光沢。

かっちりとした印象になりがちなセットアップは、あえてトップスだけを使うのもおすすめです。セットアップを選ぶときのポイントは、柄物または立体感のある素材を選ぶこと。単色のセットアップは、メリハリがつきにくく、意外かもしれませんが難易度高めのアイテムです。

clothes

【卒園式】トップス¥16,000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 広島店)、シャツ¥13,000、ネックレス¥6,500、ブレスレット¥10,000、ソックス¥1,800、サンダル¥22,000/以上ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 池袋店)、パンツ、バッグ/スタイリスト私物

卒園式では大胆にグリーンのワイドパンツを合わせました。きれいめに仕上げようと、ついつい細めのパンツを合わせがちですが、たとえ目立つカラーでも、光沢があり、センタープレスのパンツならアリ。

clothes

【入学式】トップス¥16,000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 広島店)、ワンピース¥36,000、シャツ¥13,000、ネックレス¥6,500、ローファー¥20,000/以上ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 池袋店)、バッグ¥44,000/フルラ(ユナイテッドアローズ 池袋店)

入学式でもトップスとシャツはそのまま使います。ボトムにネイビーのスカートを合わせて、トーンを抑えた分、バッグとシューズは白で統一して軽やかに。今回はプレッピーなローファーを合わせましたが、オペラシューズでも素敵だと思います。 あえてワイドパンツを持ってきたり、中に合わせるのがブラウスではなくシャツだったり。自分らしくフォーマルなスタイルを楽しむには、いつものアイテムや素材をミックスすることで抜け感を出すのがポイントです。

撮影:小川比佐志

編集:梶山ひろみ

撮影協力/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(キッズ衣装)

Mama mikke column

夫婦のかたち

2015

7

9

10

2016

2

今日、何をしよう?

2015

8

9

10

11

12

2016

3