ご挨拶

 皆様には、平素から格別のご支援とご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 ここに2009年度第3四半期の「PARCOレポート」を公開するにあたり、一言ごあいさつ申し上げます。
 当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績の向上など一部では回復の兆しが見られるものの、政府のデフレ宣言などもあり、依然として先行きの不透明感は続いています。 一方、個人消費に関しては、企業のリストラに伴う雇用不安や冬のボーナス支給額の減少への懸念などから、慎重な消費行動が継続していますが、品質と価格のバランス、健康志向、環境に配慮したものに対する消費志向が見られるなど大きな転換期を迎えています。
 このような状況の中、当社グループは、当期を「既存事業の強化」と「将来の成長戦略構築に向けた基盤強化」の年と位置づけ、企業価値の向上を目指した取り組みを進めています。
 当社の店舗においては、店舗グループ制に基づき、各マーケットのお客様のライフスタイルに対応するための施策を実施しています。
 また、本年は当社の第1号店である「池袋パルコ」が開店してから40周年の節目の年にあたることから、これまでのご愛顧に感謝して、全店規模で「PARCO40周年キャンペーン」を展開いたしました。
 一方、新たな店舗展開として、2010年春に予定している「福岡パルコ」および「シンガポールパルコ(仮称)」の開店に向けた業務も順調に推移しております。
 グループ各社においては、外部企業との取り組みに着手するとともに、業務を通じて環境や健康に関連する活動も実施してまいりました。
 皆様におかれましては、引き続きご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。