ADVERTISING

広告

POSTER

2016/君も、特別。Tomato/Underworld編

2016/君も、特別。Tomato/Underworld編

アーティスト、ミュージシャン、デザイナーとクリエイティブ思想から構成されるアート集団「Tomato」左からJohn Warwicker,Rick Smith(Underworld),Simon Taylor,Joel Baumann,Karl Hyde(Underworld)

2016年3月、渋谷パルコ全館と渋谷の街を巻き込み、数々の伝説が生まれたTomato結成25周年記念プロジェクト「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」 が開催されました。(http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=895

パルコミュージアム・ギャラリーXでの展覧会をはじめ、渋谷パルコ・パート3屋上では、一夜限りのUnderworld限定ライブを開催。その模様は、渋谷のラジオを通じた生放送や、渋谷スクランブル交差点屋外ビジョン、センター街でライブ中継されました。渋谷の街のARジャックなども含めて、渋谷の3月は、Tomato/Underworldで染まりました。それは、2016年8月7日(日)で、建替えに伴い一時休業する渋谷パルコとの街への温かいメッセージでもありました。

Tomatoのメンバーが一堂に会したこの一大イベントの設営中に本広告は撮影されました。25年間世界のクリエイティブシーンのTOPに君臨しつづけるTomato/Underworldから、チャンレンジを続ける多くの人々への熱いメッセージ。
SPECIAL IN YOU. パルコはこれからも自らの道を果敢に進んでいく多くの才能を応援していきます。

MOVIE

PROFILE

2016/君も、特別。Tomato/Underworld編

Tomato/Underworld

Tomatoは、1991年にロンドンで発足し、アーティスト、ミュージシャン、デザイナーとクリエイティブ思想から構成されるアート集団。デジタル世紀の先導者としてグラフィック、バーチャルメディア/デザインの最先端を常に走り続けてきた。現在のメンバーは、ロンドン、メルボルン、東京、カッセル(ドイツ)と世界中の都市に分散し、メディアデザイン、映像、ブランディング&CI、ファッションデザイン、近代彫刻&都市建築設計、実験的コンピューターグラフィック、ファインアートなどの分野で活躍している。タイポグラファー/アーティストとして知られ、外国人として初めて東京タイプディレクターズクラブの会員にもなったJohn Warwicker、Work Not Workのファッションブランドも立ち上げているSimon Taylorなどが在籍する。

音楽の分野では、Tomatoの創立メンバーでもあるKarl HydeとRick Smithの2人から成るUnderworldが在籍。世界で最も影響力のある草分け的エレクトロニック・グループの1つとして20年以上に渡って活躍。Underworldの音楽は、その20年間でダンスフロアを超越し、90年代を代表するアイコン的映画『トレインスポッティング』から、2012年音楽監督として抜擢されたロンドンオリンピック開会式まで、ありとあらゆるものに起用されてきた。
そして2016年、6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』を3月にリリースするととともに、ワールド・ツアーを行うことを発表し現在ツアー中。
ここ日本では、この夏サマーソニック2016への出演が決定している。

- Tomato歴代メンバー -
Steve Baker, Jeremy Barrett, Joel Baumann, Dirk van Dooren, Tota Hasegawa, Michael Horsham,
Karl Hyde(Underworld),Jason Kedgley, Dylan Kendle, Anthony Rogers, Gregory Rood, Tomas Roope,
Rick Smith(Underworld), Simon Taylor,John Warwicker, Graham Wood.

www.tomato.co.uk

www.underworldlive.com

STAFF

クリエイティブディレクター/箭内道彦

クリエイティブプロデューサー/平井真央

コピーライター・デザイナー/村橋満

スチール・ムービー/三浦憲治

制作協力:THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

コーディネート:梶原 毅(THE TOMATO PROJECT実行委員会)

FOLLOW US

前のページに戻る