ADVERTISING

広告

POSTER

2018/君も、特別。セイント・ヴィンセント編

2018/君も、特別。セイント・ヴィンセント編
21世紀を代表する世界的な女性シンガーソングライター兼ギタリストであり、クリエイターとしての尊敬を集めるミュージシャン『St.Vincent(セイント・ヴィンセント)』が、今年8月「サマーソニック2018」に出演しました。

独創的なファッションに身をつつみステージに現れたセイント・ヴィンセント。
パワフルでクリエイティブなステージパフォーマンスは、会場にいる全ての人々を熱狂させ魅了しました。

自分にとって特別な意味を持つものを作ることが、他の人にとっても特別なものになって欲しいと願うセイント・ヴィンセント。

音楽を通じて作品を発表する彼女は、心の闇も光も、怖いものすべてを、アートを通じて発散できたら、現実世界で他人を傷つけるようなことは少なくなると語りました。

セイント・ヴィンセントは教えてくれました。
頂点を極めようとするならば、誰よりも努力が必要だと。

パルコは応援します。
世界を変えることを諦めない、新しい挑みを。

MOVIE

PROFILE

2018/君も、特別。セイント・ヴィンセント編

St. Vincent セイント・ヴィンセント

NYブルックリン在住のセイント・ヴィンセントことアニー・クラークはポリフォニック・スプリーやスフィアン・スティーヴンスのツアー・メンバーとして活動を開始。現在までにソロ・アルバム6枚、デヴィッド・バーンとのコラボ作を1枚発表している。2011年に<4AD>からに発表した3作目『ストレンジ・マーシー』は全米19位を獲得し、世界中で年間ベスト・アルバム上位を獲得。12年にリリースしたデヴィッド・バーンとのコラボ作『ラヴ・ディス・ジャイアント』は各メディアの年間ベスト獲得の他、第55回グラミー賞へノミネートされ話題をさらった。2014年にリリースした『セイント・ヴィンセント』は第57回グラミー賞「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」を受賞、USチャート12位を獲得し多くのメディアで年間ベスト・チャート上位にランクインした。2014年度年間ベスト・アルバム1位(クロスビート、NME、Guardian)、2位(Time誌)、3位(ミュージック・マガジン「アメリカ/カナダ部門」獲得した。2017年6月に突如新曲「New York」をリリース。同年8月に開催されたHostess Club All-Nighterのヘッドライナーとして来日を果たした。2017年10月に5枚目となる新アルバム『マスセダクション』をリリース。2018年8月開催のサマーソニックに出演し日本の観客を魅了した。2018年11月にアルバム『マスセダクション』収録曲をピアノ・アコースティック・ヴァージョンにリメイクした『マスエデュケーション』をリリース。

STAFF

クリエイティブディレクター 箭内道彦

エグゼクティブプロデューサー 平井真央

デザイナー 深瀬美帆

プロデューサー 溝渕浩司(東北新社)

プロダクションマネージャー 大野真司(東北新社)

カメラマン 三浦憲治

スタイリスト Keiko Hitotsuyama(SLITS)

ヘアメイク Tori

編集 前田憲彦

録音・MA 増富和音

コーディネーター 高橋賢太郎、小林大介(PARCO)

協力 小塚修(Hostess Entertainment Unlimited)

特別協力 SUMMER SONIC 2018

FOLLOW US

前のページに戻る