MESSAGE

活動紹介

前へ

次へ

シブカル祭。

女子と渋谷の展覧会
from シブカル祭。

SHIBUKARU MATSURI / 2016・Winter / ◆ ◆ ◆

渋谷パルコや駅前の大規模な再開発など、かつてないほどの変化の時を迎えている渋谷の街。2016年12月、変わりゆく渋谷の街角に新たな情報発信拠点「GALLERY X BY PARCO」がオープンしました。その記念すべきオープニング企画として開催したのが、毎年秋に渋谷パルコで開催されてきた女子クリエイターの祭典「シブカル祭。」のスピンオフ企画「女子と渋谷の展覧会 fromシブカル祭。」。いつの時代も柔軟に形を変えながら人を惹きつけてきた「渋谷のストリート」をテーマに、女子クリエイターたちが作品を制作・展示。ペインティング、写真、映像など、さまざまなメディア・手法で、「シブカル祭。」らしい、何でもあり!な展覧会を開催しました。

シブカル祭。2016・冬

7人の女子クリエイターが、
思い思いに「渋谷のストリート」を表現。

SHIBUKARU MATSURI / 2016・Winter / ◆ ◆ ◆

渋谷の新たなカルチャー発信拠点のこけら落としにふさわしい、豪華な顔ぶれがそろった「女子と渋谷の展覧会 from シブカル祭。」。会場には、「渋谷のストリート」をテーマに、7名の女子クリエイターが制作したさまざまな作品が展示されました。愛☆まどんなは、渋谷にあふれるグラフィティアートをコンセプトにしたペインティング作品を発表。とんだ林蘭は海外セレブリティの顔に落書きを施した作品を制作しました。そのほか写真から映像、立体作品などさまざまな表現方法で、オカダキサラ、青柳菜摘、若木くるみ、UMMMI.、シシヤマザキが「渋谷のストリート」を表現しました。渋谷のカルチャーを牽引するガールズパワーを、ご来場いただいたお客様にも存分に楽しんでいただきました。

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

展示会場の一角がダンスフロアに。
大盛況のオープニングパーティー。

SHIBUKARU MATSURI / 2016・Winter / ◆ ◆

個性あふれるトラックメイカーとDJ陣による彩り豊かなサウンドで、展示会場の一角がダンスフロアと化したオープニングパーティーの夜。オープンするや否や、DJ SHORIの懐メロと一緒に繰り広げるパフォーマンスが始まり、チーム未完成による軽快なラップLIVEへ。間髪入れずにTOMMYがアップテンポのJ-POPへとつなぎ、会場の温度も急上昇。続いて登場したのは、ボーカル、トラック、パフォーマンスすべてを一人でこなす、ZOMBIE-CHANGことメイリンのライブパフォーマンス。一度聞いたら忘れられないローファイなサウンドとキュートな歌声が会場を揺さぶります。この日のラストを飾ったのは、トラックメイカー、DJ 、モデルとしても活躍するLISACHRIS。エッジの効いたファッションセンスでストリートを中心に注目を集めるイットガールの選曲で、大盛況のパーティーは幕を閉じました。

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

クリスマス直前! 1日限定の
クリエイターズマーケットを開催。

SHIBUKARU MATSURI / 2016・Winter / ◆ ◆ ◆

クリスマスを1週間後に控えた週末には、1日限定のミニマーケット「クリスマス直前!小粋なプレゼントマーケット」がオープン。オープニングパーティーで大盛り上がりのライブパフォーマンスを見せてくれたチーム未完成のほか、ETCHIRA OTCHIRA、OLGA-goosecandle-、TEPPEN、くいしんぼうシスターズなど、5組の女子クリエイターが参加し、特設マーケットブースにはオリジナルのアートグッズや、靴下、キャンドル、ジュエリー、スイーツなど、クリスマスギフトにもぴったりなグッズが並びました。会期中の最後の週末ということもあり、展示目当ての方はもちろん、買い物帰りの方も多く立ち寄られ、クリエイターと楽しく会話しながらグッズを買い求めるお客様で賑わいました。

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

シブカル祭。2016・冬

FOLLOW US

前のページに戻る