特集 継続的な事業成長へ向けた経営基盤の強化

ダイバーシティ経営の推進

多様な人材の活用・育成を通じ企業価値の向上を目指す

多様な能力・個性を持った人材が協働を通じ、新しい価値創造に繋げていくことが、企業業績の向上・発展・成長に寄与するものと考えます。
こうした考えのもと、パルコでは2005年度より「パルコ・ウィメンズ・ネットワーク(PWN)」として、女性活躍推進を通じてダイバーシティの実現を目指す全社横断的なプロジェクトを立ち上げました。
2011年度より「ダイバーシティ推進プロジェクト」として、女性だけにテーマを限定しない活動へと幅を広げ、社内の風土づくり、意識改革のための多様な活動を行っています。
そして、グローバル化、市場競争など急速に変化する経済環境に柔軟かつ、迅速に対応するために、2014年度より、経営戦略に則して更に強力にダイバーシティ経営を推進するために代表執行役社長を委員長とするダイバーシティ推進委員会を新設しました。
多様な人材が持つ、個性と能力を活かすことができるよう社内の活発なコミュニケーション構築や啓蒙活動、外部組織・団体とのネットワーキングを通じて、風土づくり、ダイバーシティの視点を活かした事業活動への貢献を行っています。

女性活躍推進

ダイバーシティの推進を促進するためにも女性の活躍を推進することは重要な課題です。
経営の意思決定への女性の参画率を増やすためにパルコグループ中期経営計画では経営幹部/リーダー層への女性登用を管理職ポストの15%目標に掲げ、キャリア研修、マネジメント研修、ワークライフマネジメントの社内浸透に取り組んでいます。

女性社員を対象にした意識改革のための1dayセミナーを実施

女性社員を対象にした意識改革のための1dayセミナーを実施

管理職内の女性シェア 目標15% 2014年3月時点 10.5%

2011年3月 2012年3月 2013年3月 2014年3月
7.6% 6.2% 9.8% 10.5%

出産復職率 100% (2013年度)

ページトップへ