CSR基本活動 従業員

パルコグループでは、社員を最も重要な資産であり将来の成長基盤であると考えています。

ダイバーシティ経営

多様な能力・個性を持った人材が活躍し協働を通じて新しい価値創造に繋げていくことが企業価値の向上・発展・成長に寄与するものと考え、ダイバーシティ経営を推進しています。パルコグループ横断での「ダイバーシティ推進委員会」を設置し、多様な人材が持つ個性と能力を活かすことができるよう、グループ間・社内の活発なコミュニケーション構築や啓蒙活動、外部組織・団体とのネットワーキングを通じた風土づくりやダイバーシティの視点を活かした事業活動への貢献をおこなっています。
2005年度より「パルコ・ウィメンズ・ネットワーク」として女性活躍推進を目指す全社横断的なプロジェクトを立ち上げました。2011年度からは「ダイバーシティ推進プロジェクト」として女性だけにテーマを限定しないダイバーシティ&インクルージョンの活動へと幅を広げ、社内の風土づくりや意識改革のための多様な活動をおこなってきました。
グローバル化や市場競争など急速に変化する経済環境に柔軟かつ迅速に対応するため、2014年度には、経営戦略に則してさらに強力にダイバーシティ経営を推進するために代表執行役社長が委員長となって、パルコグループ各社社長とパルコ執行役を委員とする「ダイバーシティ推進委員会」を新設しました。パルコグループ中堅社員が実務メンバーとなり、経営層のトップダウンと現場からのボトムアップの双方からのアプローチによるダイバーシティ活動を、パルコグループ一体となって推進しています。

【パルコグループのダイバーシティ経営に向けたビジョン】
多様な人材が、多様な働き方で、多様な提案を生むことで、選ばれる企業集団になる

【key message】
difference is value. 違いは価値

ダイバーシティ推進委員会組織体制

ダイバーシティ推進委員会では、多様な人材の柔軟な働き方を実現するためのトライアルを通じた新たな制度の導入や社内研修、外部活動団体への参画を通じてダイバーシティ経営に対する意識改革をおこない、多様な働き方に繋がるアクションをおこなっています。
ダイバーシティ推進委員会活動報告(PDF)

ワークライフバランス支援の推進

働き方の見直しの推進

1.フレックスタイム制
社員のワークライフバランス促進の一環として、効率的で柔軟に働ける「フレックスタイム制」を、2016年5月全社に拡大しました。業務やプライベートの予定にあわせて日々の勤務時間を調整することが可能となり、個々のインプットの時間が増え生産性が高まることでより大きな成果につながります。それに伴い社員の業務の効率化や労働時間に対する意識も高まりました。「フレックスタイム制」は、以前より本部には導入済みでしたが、店舗では一部店舗での試行を経て、全社への導入となりました。
2.ノー残業デイ
メリハリを持った業務をおこなうために、ノー残業デイを設定し継続的に実施しています。
3.モバイルワーク
外出を伴う業務が多い社員を対象に、移動時間を活用するなど時間当たりの生産性を上げるためのモバイルワーク(リモートデスクトップサービス)を推進しています。育児や介護などの事由で働く時間に制約がある社員には、在宅ワークのトライアルを2015年度に実施し、今後の制度化へ向けた検証をおこなっています。

モバイルワーク活用に向けたシステム説明会

在宅ワーク活用に向けたシステム説明会

4.休暇取得促進
「しっかり働き、ゆっくり休む」環境づくりも推進しています。社員がもつ力を存分に発揮して仕事で成果を上げるためには、充分な休養をとり次の仕事への英気を養うことが欠かせません。新しいアイディアを生み出すためにも休暇の取得は大きな意味を持っています。パルコでは、積極的な休暇取得のために、年間の「休暇取得促進日」の設定や部門毎の「休暇取得促進日」の設定を推奨しています。また、有給休暇の取得平均日数が多かった部門の表彰もおこなっています。
5.幹部向けセミナーの開催
働く時間を効率化して生活との両立をはかり多様な社員の成長と活躍を推進するため、幹部向けの意識変革を促すセミナーを実施しています。2016年9月には、外部講師による「イクボス(部下の私生活とキャリアを応援し自らもワークライフバランスを満喫しながら組織の成果を高め目標を達成する上司・経営者・管理職)セミナー」を実施しました。

育児・介護と仕事の両立支援

パルコでは育児・介護と仕事の両立支援に取り組んでいます。
2007年、2012年と2015年には、次世代育成支援対策推進法に基づき、雇用環境の整備について適切な行動計画を策定・達成した「基準適合一般事業主」として認定を受け、「くるみん」マークを取得しました。これら制度の整備と社内の雰囲気醸成の結果、産休・育休後の2012年度以降の復職率は100%となっています。

法令の基準を上回る制度

1)妊娠中に利用できる制度
・妊娠中の勤務緩和(有給)
・失効年次有給休暇の復活
2)出産時に利用できる制度
・配偶者出産休暇
3)育児・介護期間中に利用できる制度
・育児休職
・復職部門希望制度
・育児時間(有給)
・育児・介護のための時短・休日選択制
・育児・介護事由による勤務地選択制度
・育児・介護事由による退職者の再雇用制度

半期ごとの決算説明会

2020年6月までの間を第4期「一般事業主行動計画」期間とし、「両立支援制度の利用促進と雇用環境の整備、働き方の改善」の目標への対策として、「働き方の見直しの推進」「育児(・介護)と仕事の両立支援制度の周知強化と推進」を制定しています。
次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」

人材育成の取り組み

社員一人一人のモチベーション向上とスキルアップを目指し、各キャリア・各分野に応じた教育プログラムを実施しています。また、多くの職務を経験し、広い視野と変化対応能力を体得するために、パルコでは、定期異動により様々な部門/業務/地域を経験する教育ローテーションをおこなっています。様々な業務経験を通じ、適性や能力に応じてキャリアアップできる仕組みを導入しています。

人材育成の取り組み

研修制度

経験を通じて学ぶローテーション制度に加え、様々な研修や学習機会をもうけ、社員の能力開発をサポートしています。

主な実施研修

1)新入社員
入社前学習(eラーニング、研修旅行)、配属前研修(約2ヶ月間)、フォローアップ研修
2)若手中堅社員
ビジネススキル研修、チューター(新入社員育成)研修、異業種交流研修、ビジネススクール通学支援、外部公開セミナー受講支援、次世代リーダー研修
3)その他
各部門専門スキル研修、マネジメント研修、コンプライアンス研修、マーケット視察研修、eラーニング・通信教育、資格取得祝金・受験料支給、女性リーダー育成研修

女性の活躍を推進

パルコグループでは、女性の活躍を推進することは重要な課題と捉え、キャリア研修、マネジメント研修、ワークライフマネジメントの社内浸透を図り、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称「女性活躍推進法」)への対応にも取り組んでいます。

株式会社パルコでは、女性の活躍を推進するために、様々な施策を講じていきます。
女性が働きやすく貢献できる環境のため、全社的な「労働時間の短縮=有給休暇の取得推進」に取り組むほか、活躍をさらに促進し「女性管理職比率の向上」につなげるために、女性管理職候補者の育成やキャリア意識向上機会の提供、時間制約のある社員が働きやすい職場の整備など、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に対応した行動計画を策定しました。
年次有給休暇取得日数平均は2014年度の5日を2020年度までに10日にすること、管理職に占める女性比率は2015年度3月時点の11%を2020年3月には20%以上にすることを目指し、取り組んでいきます。
女性活躍推進法に基づく行動計画
異業種合同企画への参加
仕事と女性のキャリア育成や、ワークライフバランスについて考える異業種合同企画などに積極的に参加し、情報共有をおこなっています。

仕事と子育ての両立を目指す女性向け座談会

仕事と子育ての両立を目指す女性向け座談会

参考指標(株式会社パルコの実績)

1) 採用者に占める女性の割合

採用者数の推移、男女内訳と比率

採用者数の推移、男女内訳と比率

2) 社員の男女比率

男女別社員数/女性比率推移(正社員・契約社員 計)

男女別社員数/女性比率推移(正社員・契約社員 計)

3) 男女別の勤続年数

勤続年数の推移(各年度末)

勤続年数の推移(各年度末)

4) 女性管理職

女性管理職比率の推移

管理職内の女性シェア推移

ページトップへ