パルコグループ ブログ

2019年12月

VRコンテンツアワードNEWVIEW AWARDS 2019の作品展示会を渋谷 PARCO で開催

2019.12.16UP

VRコンテンツアワードNEWVIEW AWARDS 2019の作品展示会を渋谷 PARCO で開催

グランプリに相当するGold Prizeは、創作家としての子どもの成長を3次元空間での体験として記録した、たっくん (園児)による「たっくんミュージアム」が受賞

拡大する

PARCO Prizeは、オノ夏キ氏の無意識の中の境界線 について考察した作品「ne.mui」が受賞

パルコは、ロフトワークとPsychic VR Labによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」で、VR コンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2019」の各種受賞作品を発表し、受賞作のほかファイナリストに選出された作品を体験できるエキシビジョン「NEWVIEW EXHIBITION 2019 -DIFFUSION-」を渋谷PARCO 9Fクリエイティブスタジオ で開催しました。

 

本アワードは、誰もが3次元空間の表現を手にする近未来を見据え、VRの新たな表現と体験の世界を牽引し得る次世代クリエイターを発掘し、次なるステップへと進むきっかけをもたらすべく立ち上げられたもので、ファッション/カルチャー/アート分野の VR コンテンツを世界中から公募されます。2018年に続く第2弾となる今回のテーマは「超体験をデザインせよ」。8 ヶ国から合計 145 作品の応募がありました。
今回の応募作品は「新しさ/独自性」「体験」「インパクト」という審査項目いずれにおいても、クオリティが昨年のアワードに比べて飛躍的に向上しており、ファッション/アート/カルチャー分野のVR シーンを牽引するポテンシャルを秘めたものとなりました。



newview

渋谷PARCOの地域貢献への取り組み

2019.12.01UP

拡大する

パルコは、次世代グローバルショッピングセンターとして新生渋谷PARCOを創造することで、さらに街の活性化に貢献したいと考えています。計画段階で東京都によって都市再生特別地区に指定され、開業した渋谷PARCOは、都市再生へ貢献するさまざまな施策を実行しています。
周辺の歩道や敷地内の広場を整備し歩行者のスペースを拡充することにより、まちのにぎわいと回遊性を高める歩行者ネットワークを形成し、街歩きしやすい環境を作っています。また、店頭のプロモーションなどによってにぎわいを創出しているほか、ファッションや演劇文化を育成し、情報を発信し、渋谷のにぎわいの形成しています。
街歩きの妨げとなっている路上荷捌きや路上駐輪などの地域の課題へ取り組み、地域共同荷さばき場の整備、駐輪場のビル内設置、帰宅困難者支援機能の整備しました。防災性を向上させ、環境負荷の低減を図っています。
また、渋谷PARCOは渋谷の街を取り込んだ建築意匠で、渋谷の特徴である「坂」と「通り」に注目し、通路・階段をスペイン坂かららせん状に建物外周に沿って10階までつなぐことで(立体街路)、街と融合した建物となっています。坂と通りの街の構成を建物に取り込み、渋谷ならではの次世代の「街」をつくることを意図しています。

渋谷PARCOの次世代の人材育成への取り組み

2019.12.01UP

パルコは、未来志向のクリエイティブな産業を形成することにより次世代の人材を育成していきます。
渋谷PARCOの様々な面を持つ立体的な外壁構成のテーマは「原石の集積」で、異なった形状・素材(思想・才能)が惹きつけ合いひとつの塊になることにより、インキュベーション・イノベーションの誘発を表現しています。
次世代を担うクリエイターの発掘のために、「人材育成」を目的とした、10代に向けたクリエイティブ・スクール「GAKU」を併設するクリエイティブスタジオを9階に開設しました。また、渋谷区が主体の「一般社団法人渋谷未来デザイン」の事務所が渋谷PARCO内に移転し、産官学民連携組織と新しい形で連携しています。

ページトップへ