パルコグループ ブログ

2020年10月

パルコのあたらしいカルチャーフェスティバル「P.O.N.D.」(ポンド)開催中

2020.10.22UP

パルコのあたらしいカルチャーフェスティバル「P.O.N.D.」(ポンド)開催中

拡大する

”Ryu Ika"によるPARCO MUSEUM TOKYOでの展示作品

拡大する

オープニングパーティでの”betcover!!”によるパフォーマンス

パルコのあたらしいカルチャーフェスティバル「P.O.N.D.(Parco Opens New Dimension)」が、10/16から始まっています。(10/25まで)

 

P.O.N.D. は、アート、ファッション、音楽、演劇などあらゆるジャンルのカルチャーの祭典で、今年は総勢約30組の若手クリエイターが参加しています。

Parco Opens New Dimension という名称には、2010年から昨年まで10年間開催したイベント「シブカル祭。」のフィロソフィーだった"あたらしい才能の発見と応援"を引き継ぎ、常に“新しい次元を切り開いていくイベントでありたい”という想いが込められています。

 

PARCO MUSEUM TOKYO での展覧会をはじめ、オンライン上で展示作品を楽しめる「ONLINE EXHIBITION」、GALLERY X での「POP-UP STORE&LIVE STREAMING」、COMINGSOON での「“食”のPOP-UP STORE」など、渋谷PARCOを舞台に、新しい次元(Dimension)を切り開くコンテンツ発信しています。

 

会期最初の週末にはメイン会場の PARCO MUSEUM TOKYO での展覧会に1600人を超すお客様が来場されるなど、大きな反響がありました。また、初日に開催したオープニングパーティにはリアル400名+オンライン400名が参加し、23日からは GALLERY X での POP-UP STORE と配信イベントを行うなど、コロナ禍である今年ならではのオンラインを併走させた構成になっています。

 

「シブカル祭。」のフィロソフィーはそのままに、P.O.N.D. を、クリエイターの本気に寄り添って今後10年先まで継続できるインキュベーションイベントにしていきます。

 

 

Asia Fashion Collection で若手 10ブランドがランウェイショーを実施

2020.10.16UP

Asia Fashion Collection で若手 10ブランドがランウェイショーを実施

拡大する

左から「YONLOKSAN(ヨンロクサン)」、「BASICAL DIAMENTS COLOUR(ベーシカルダイアメントカラー)」、「kaoism(e)(カオイズム)」

今年 8 回目を迎えたAsia Fashion Collection(アジアファッションコレクション) では、 10 月 15 日、日本・韓国・台湾の若手 10ブランドがランウェイショーを実施しました。

 

このショーは、日本の参加ブランドにとってニューヨーク・ファッション・ウィーク出場権をかけた最終審査の場で、ショーの後に日本代表の 3 ブランドが発表されました。また、AFCU-18 の 2 次審査結果として、全国トップ 3 の作品が発表されました。

 

ショーは新型コロナウイルスの感染拡大防止策として来場者数を限定し、オンラインで配信。約 400 名が見守る中、各ブランド初となる国内ランウェイショーを行いました。

新國あおいの『YONLOKSAN』、小口大輔の『BASICAL DIAMENTS COLOUR』、冨山華緒の『kaoism(e)』の 3 ブランドが日本代表として選ばれ、2021 年 2 月に開催されるニューヨーク・ファッション・ウィークへの出場が決まりました。

「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が「2020年度グッドデザイン・ベスト100」受賞

2020.10.01UP

「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が「2020年度グッドデザイン・ベスト100」受賞

拡大する

拡大する

2019年11月に開業した渋谷PARCOが入る「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が、2020年度グッドデザイン・ベスト100(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
2 つの建物を一つの街区に統合し、かつて 2 つの建物の間を走っていた区道を歩行者専用道路として施設内に引き込み、また、スペイン坂から続く建物外周部に立体街路を設け回遊性を高めることで街をめぐるような体験を生み出した点が高く評価されました。

*グッドデザイン賞とは;
日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動で、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は、優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

ページトップへ