重点テーマ

【働き方改革】主な活動実績

場所を選ばない働き方を支援

場所を選ばない働き方を支援
ICT活用・拡充によりコミュニケーションの促進と業務の高速化・高密度化を推進しています。
・クラウドサービス導入など社内グループウェア刷新
・全社員へのモバイルパソコン・スマートフォンの配布
・社内交流とフレキシブルな働き方推進
 (WEBミーティングを拡大、フリーアドレス一部導入、フリーワーキングスペース、コンセントレーションエリア設置)

副業制度導入

2019年2月スタート
本制度の基本方針は、
(1)副業を始めとする社外での経験は社員の成長の機会であり、社員の成長は会社の成長につながる
(2)多彩な才能を持った社員がおり、副業は社員の多彩な才能の発揮機会ともなり得る
と考える。
【本制度の目的と期待する成果】
・社員の成長・自律促進
・社内活性化(イノベーションの促進)
・多様な人材の保持・獲得
・社員の多彩な才能の発揮機会
→ 〇社外を経験することによって
・共創意識の刺激、イノベーション促進や社員の視点・人脈が拡大、社内風土の変革につなげる。
  〇副業制度によって
・自己実現のための選択肢が拡大
・人材の獲得に好影響

働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」、 東京都主催の「時差 Biz」に初参加

〇テレワークデイズ 
2018年7月23日~27日(うち2日間)
〇時差Biz      
2018年7月11日~8月10日
多様な人材の 柔軟な働き方を実施するために、在宅ワーク制度の導入や、育児・介護支援制度の拡充を実施してまいりました。 このたび、国が働き方改革の国民運動として展開する「テレワーク・デイズ」と、東京都が主催する「時差 Biz」 に参加し、柔軟な働き方へのトライをいたしました。
Updated Dec. 2, 2019

ページトップへ