PERSON

パルコで働く人たち

吉井 達弥

誰もが憧れる渋谷パルコのリニューアルに

携わるためにしてきたこと

誰もが憧れる

渋谷パルコのリニューアルに携わる

ためにしてきたこと

2007年入社 渋谷店 営業課 吉井 達弥

2019年11月に3年の月日を経て復活した「渋谷パルコ」。パルコの顔ともいえる館のリニューアルチームに参画するということは、ある意味、社内でも花形といっても過言ではない。ただし、そのチームに入るためにとにかく経験を積んできたという。どんな経験をしてきたか吉井さんに聞いた。

―パルコに入社を決めた理由は?

大学時代にファッションサークルで活動していたことがきっかけです。服も作っていたのですが、素敵なモノがつくれる人たちと一緒に働きたいなと思うようになりました。

―ちなみにそのサークルはどんな活動をしていたのですか。

どちらかといえば、エンタメ性が高いファッションサークルで、ファッションショー、イベントなどをしていました。
様々な活動をする中で、自分にはディレクションの仕事が合っているなと改めて思いました。これは今の仕事にもリンクしていて、仕事にできて幸せです。

―今までどんな仕事に携わったか教えてください。

経歴は、名古屋店、新所沢店、札幌店を経て、渋谷店のリニューアルチームに参画しました。
リニューアルチームは社内公募制で集められたのですが、そこで「いままでも新しい発想でチャレンジングなリニューアル、リーシング業務をすすめてきました」と手を上げて、入ることができました。チームメンバーを見てみると、エンタメや飲食など、色んな部門に強い8人が揃った感じで、自分はその中でファッション部門を担当することになりました。

吉井 達弥

CHAPTER 2

ファッションだけじゃない、
日本のカルチャーを発信するランドマークにしたい

吉井 達弥

―リニューアルに携わったからこそ見て欲しい渋谷パルコの見どころは?

渋谷店はパルコを象徴するビルでもあり、渋谷を象徴する商業施設。世界にも誇れるファッションビルです。その中において、エンタメやファッション、アニメ・ゲーム、デジタルなど、色んなカルチャーが集まり、発信していくランドマークになっていければいいなと思っています。

―最近、面白いと思っていることはありますか。

渋谷は刺激が多い場所なので、その分プライベートは静かに過ごすことが多くて、これといったものがないです(笑)。
仕事とプライベートの境目があまりなくて、生活の中で気が付いたことが仕事につながってくるので…だから、日々の生活から楽しく、色んなことに興味を持つことが大切だと思っています。

―最後に就活生へのメッセージをお願いします。

パルコはファッション・エンタメ・イベントなどなど、さまざまな切り口があるので、色んなことがつながって面白いことができる可能性があります。
パルコは良くも悪くも一義的ではなくて、コレもいい、アレもいいと受け止めてくれる、懐の深い会社です。

吉井 達弥
吉井 達弥

Tatsuya Yoshii

2007年入社 渋谷店 営業課 吉井 達弥

「誰もが憧れる渋谷パルコのリニューアルに携わるためにしてきたこと」

OTHER PERSON