ニュースリリース

その他の費用の計上および業績予想の修正に関するお知らせ

2019年2月20日

株式会社パルコ

 

当社は、本日付の当社適時開示「宇都宮パルコの営業終了について」および「熊本パルコの営業終了について」の通り、本日開催の取締役会において、その他の費用の計上および2018年 10月5日に公表した2018年度(2018年3月1日〜2019年2月28日)通期連結業績予想を修正しましたので、お知らせいたします。

なお、本業績予想の修正に伴う1株当たり年間配当予想24円(期末配当予想12円)の変更は予定しておりません。

 

 

1.その他の費用の計上について

本日付当社適時開示「宇都宮パルコの営業終了について」および「熊本パルコの営業終了について」の通り、2018年度第4四半期に営業終了に伴う損失をその他の費用として、宇都宮パルコにおいて約22億円、熊本パルコにおいて約10億円、また最近の業績の動向を踏まえその他の店舗の減損損失など約13億円の合計約45億円の計上を予定しております。

 

2.2018年度の連結業績予想数値の修正(2018年3月1日〜2019年2月28日)

(単位:百万円)

  営業収益 事業利益 営業利益 税引前利益

親会社の所有者に

帰属する当期利益

基本的1株当たり当期利益

前回発表予想(A)

(2018年10月5日発表)

93,700 10,000 10,800 10,450 7,100 70円04銭
今回修正予想(B) 90,800 8,500 5,100 4,700 3,100 30円61銭
増減額(B-A) △2,900 △1,500 △5,700 △5,750 △4,000
増減率(%) △3.1 △15.0 △52.8 △55.0 △56.3

(ご参考)前期連結実績

(2017年度)

91,621 10,284 11,713 11,455 7,809

76円97銭

 

(注)事業利益は、営業収益から営業原価、販売費及び一般管理費を控除して算出し、営業利益は事業利益からその他の収益、その他の費用を加減算して算出しております。

 

修正の理由

 

通期の業績予想につきまして、商業施設競合の激化影響の継続や、年末・年始商戦などにおける衣料品を中心とするパルコ既存店舗やグループ企業の専門店事業の苦戦などから、営業 収益は前回発表予想を29億円、事業利益は前回発表予想を15億円下回る見込みです。これらに加え上記のその他の費用の計上もあり、前回発表予想に対し、営業利益は57億円、税引前利益は57億5千万円、親会社の所有者に帰属する当期利益は40億円、それぞれ下回る見込みです。

 

 

(注)本資料に掲載されている上記の業績予想につきましては、当社が本資料発表日現在において入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいております。実際の業績などは様々な要因により記載の予想数値と異なる可能性があります。

ページトップへ